bubble(NoCode)

【bubble】使い方を画像と動画で解説!/データベース編(ノーコード)

はてなちゃん
はてなちゃん
bubbleのデータベースの使い方が分からない!
ひろ
ひろ
たしかに最初はよくわからないですよね。私もでした汗
はてなちゃん
はてなちゃん
全部英語だし!
ひろ
ひろ
この記事はなるべく日本語に直して解説しているのでご安心ください!

この記事は、bubbleの「データベース」について、画像と動画で解説しています。

bubbleはデータベースもデフォルトで実装されているので、非常に便利ですね(^▽^)/

ここでは、初心者の方でも分かりやすく

①ユーザー情報をデータベースに登録する方法

②データベースに登録されている、ユーザー情報を呼び出してリストを作成する方法

をやっていきたいと思います!

データベースの使い方の他に、「エレメント」や「ワークフロー」も使っていきますので、bubbleの色々な機能が勉強できるようになっています。

それで早速やっていきましょう!

 

①ユーザー情報をデータベースに登録する方法

まずは、ユーザー情報をデータベースに登録する方法をからやっていきます!

このあとは、下記のような流れで作業していきます。

①Sign upフォーマットの作成

②データベースの準備

③ワークフローの設定

④ユーザー登録

⑤データベースの確認

それではやっていきましょう!

 

①Sign upフォーマットの作成

サインアップフォーマットの作成からやっていきます。

ワークフローの解説(サインアップ編)

まずはこのように、「Textエレメント」「Inputエレメント」「Buttonエレメント」を配置してください。

エレメントの使い方が良く分からない、という方はこちらの記事をご覧ください

【bubble】使い方を画像と動画で解説/エレメント編(ノーコード)【NoCodeツール】bubbleのエレメントの使い方を、画像80枚以上、動画14本で初心者の方にも分かりやすく解説しています。...

配置できたら、このあと1つずつ設定していきます。

ワークフローの解説(サインアップ編)

まずは、Textエレメントです。

エレメントをダブルクリックして、「ユーザー登録」と入力

ワークフローの解説(サインアップ編)

Inputエレメントに、「ユーザー名」と入力

ワークフローの解説(サインアップ編)

ユーザー名の下のInputエレメントに、「メールアドレス」と入力

Content formatは「Email」を選択

「ここはメールアドレスを入力するところですよ」とします

ワークフローの解説(サインアップ編)

メールアドレスの下のInputエレメントに、「パスワード」と入力

Content formatは「Password」を選択

「ここはパスワードを入力するところですよ」とします

ワークフローの解説(サインアップ編)

ボタンの名前は、「Sign up」としておきます。

これで、Sign upフォーマットができました。

 

②データベースの準備

続いて、データベースの準備をしていきます。

データベースの使い方を解説

まずは、データベースにユーザー情報を登録する準備をしていきます!

Excelのような表にどんどんデータを蓄積していくようなイメージです。

Dataタブでデータベースを開いて、「New type」で新しいデータタイプを作ります。

データベースの使い方を解説

今回は「テストユーザー」としました。(なんでもOKです)

データベースの使い方を解説

続いて、登録されるデータのフィールドを作っていきます。

Excelでいうところの、セルに項目を作っていくようなイメージです。

「Create a new field」をクリック

データベースの使い方を解説

フィールド名とフィールドのタイプを設定していきます。

今回は、「ユーザー名」と「メールアドレス」と「パスワード」の3つを作りたいです。

まずは、「ユーザー名」です。タイプは「text」でOK。

データベースの使い方を解説

「メールアドレス」でタイプは「text」

データベースの使い方を解説

「パスワード」でタイプは「text」

データベースの使い方を解説

これで、ユーザー情報を登録する受け皿ができました。

続いて、実際にSign upをしていきましょう!

 

③ワークフローの設定

次に、ワークフローの設定をしていきます!

ワークフローを詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【bubble】使い方を画像と動画で解説!/ワークフロー編(ノーコード)【NoCodeツール】bubbleのワークフローの解説を画像30枚以上と動画を使って初心者にも分かりやすく解説しています。...
ワークフローの解説(サインアップ編)

Buttonエレメントのプロパティーを開いて、「workflow」をクリック

bubbleの使い方を解説(データベース編)

Workflowタブに移動します

「When~~」の部分は、「いつ起こすアクションですか?」→「ボタンをクリックしたときです」になります。

「Click here to~~」をクリックしてアクションを定義していきます。

bubbleの使い方を解説(データベース編)

Sign upボタンをクリックしたら、「データベースに情報を登録したい」ので「Data」を選択

新しい情報を登録したいので、「Create a new~~」をクリック

bubbleの使い方を解説(データベース編)

データベースのタイプは、前のパートで作成した、「テストユーザー」を選択。

「ここに情報を登録していきますよ」ということ。

bubbleの使い方を解説(データベース編)

次に、データベースのフィールド(先ほど作成した)にどの情報を紐づけるかを設定していきます。

「Set another field」をクリック

bubbleの使い方を解説(データベース編)

新しく設定できるようになりますので、「Click」をクリック

bubbleの使い方を解説(データベース編)

ますは、データベースのどのフィールドに、情報を登録するか選びます。

先ほど作成した、「ユーザー名」を選択

bubbleの使い方を解説(データベース編)

「Click」をクリック

bubbleの使い方を解説(データベース編)

今度は、データベースの「ユーザー名フィールド」にどの情報を紐づけるかを設定します。

「Inputユーザー名」(先ほど作成した)の情報を紐づけますと設定します。

bubbleの使い方を解説(データベース編)

最後に「value(値)」を選択

これで

データベースの「ユーザー名フィールド」に「Inputユーザー名」の「値」を登録してください

というワークフローができました!

bubbleの使い方を解説(データベース編)

このあとは、「メールアドレス」と「パスワード」も同じように設定していきましょう!

bubbleの使い方を解説(データベース編)

このように、「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」ができたら、ワークフローの設定は完了です!

 

 

④ユーザー登録

それでは、プレビューから実際にユーザー登録をしてみましょう!

bubbleの使い方を解説(データベース編)

プレビューに移動しました。

bubbleの使い方を解説(データベース編)

必要な情報を入力しましょう!(名前に深い意味はありません(^^;)

入力したら、「Sign up」のボタンをクリックで、データベースに情報が登録されます。

動作したかわかり辛いですが、ボタンを押せば大丈夫です。

これを、嵐のメンバー全員やってみましょう!

 

⑤データベースの確認

最後にちゃんと、データベースに登録されているか確認しましょう!

bubbleの使い方を解説(データベース編)

Dataタブに移動します。

「App data」タブの「テストユーザー」を選択

先ほど入力した5名の情報が入っていれば成功です!

もしなにも出てこない時はここをクリックしてページを更新してみてください。

データベースの使い方

動画で見たい方はこちらから


 

②データベースに登録されている、ユーザー情報を呼び出してリストを作成する方法

このパートでは、先ほど登録したユーザー情報を呼び出して、リストを作ってみましょう!

前のパートの確認がまだの方は先にお願いします。

Repeating Groupエディターを使って、「名前」と「メールアドレス」のデータを呼び出します。

まずは、Repeating Groupをエディターに設置しましょう。

Repeating Groupの使い方

これから先ほど作ったデータベースから、嵐メンバーの名前を呼び出していきます

Repeating Groupの使い方

メンバーは5人なので、「Rows(行)」を5にして行を増やします
データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

「Do a search for」を選択して、どこからデータをひぱってくるか設定します

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

先ほどデータベースで、「テストユーザー」とデータを作ったのでこちらを選択

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

次にRepeating Groupに嵐のメンバーの名前を表示させるために、「Text」を使います

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

このように、Repeating Groupの一番上の行にテキストを入れます

「Insert dynamic data(動的データの挿入)」をクリック

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

「Current cells テストユーザー(現在のセルの)」を選択

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

「ユーザー名」を選択

データベースの「テストユーザー」から「ユーザー名」をひぱってくるように設定しました。

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

続いて、名前の横に「メールアドレス」を表示させる設定をしていきます

先ほど名前を表示させるTextエレメントをコピペして配置します

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

先ほどの動的データが残っている場合は削除して、新たに設定していきます。

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

「Current cells テストユーザー(現在のセルの)」を選択

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

今度は「メールアドレス」を選択

データベースの「テストユーザー」から「メールアドレス」をひぱってくるように設定しました。

これで設定は終わりましたので、プレビューで動作を確認してみましょう!

データベースの使い方を解説(データ呼び出し編)

このようにデータベースの情報を表示させることができました!

 

動画で確認したい方はこちらから

 

これでデータベースの解説をおわります!

また別の記事でお会いできることを楽しみにしています(^▽^)/